FC2ブログ

発光路での山里生活日記帳

深山黒猫

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

春の帽子

  1. 2009.03.09(月) _17:03:18
  2.  トラックバック:0
  3.  コメント:7
啓蟄も過ぎ三寒四温の不安定な気温が続いています。弥生もココまで来るとそろそろお彼岸の用意をしなくては、と思う今日この頃でございます
帽子は嫌い!
8日に27歳の誕生日を迎えた長女ですが、キキに春バージョンの帽子を作りました。のんきに釣ばかり行ってないで、早く結婚して自分の子供に着せるセーターでも編んであげたら???
急に暖かくなったので、花粉症がひどくなり薬も欠かせなくなってきました。だから少し頭がボ~~としております、ボ~~としているけどがんばって確定申告を出さなくちゃ


先日爺様と「おくりびと」を観に行ってきました。私も3人の父母の最期を病院で看取り、そしておくりました。
残るはあと一人です。。。悔いの無いように親孝行しましょう私の「おくりびと体験談」はこちらから

その1  義父は私が結婚して10日目に病死いたしました。入院中でしたが結婚式には出席して、次の日に再入院。義母はそれからずっと付き添っていたので、嫁いだばかりの家にほとんど一人で留守番していました。亡くなる2日前に病院で義父を見舞ったとき「結婚したばかりなのに、こんなことになって本当に申し訳ない・・・」と病院のベッドで痩せた体を起こして私に話してくれました。その時のやさしい義父の顔は忘れられません・・・
その後、様態が悪化して息を引き取りましたが、家に義父が帰ってきたとき、納戸には結婚式に着た義父の燕尾服と義母の黒留袖がそのままにしてあったのが、とても悲しく離れ離れになる二人がとてもかわいそうだった・・・納棺する前に主人が綺麗に髭をそってあげて、私も義理の姉や妹と手や顔を拭いてあげました。その頃この辺は土葬だったので「今頃父ちゃんは棺おけの中でどんな風になってるのかな?」と毎晩義母と泣いていました。義母は今の私と同じ歳でした。内孫の顔も見ないで逝ってしまった義父は61歳でした。合掌

その2 「父ちゃんの分まで長生きするんだぁ~~」と言っていた義母は、65歳のときに末期の肺がんで亡くなりました。闘病生活3ヶ月であっという間に逝ってしまいました。病院から家まで義理の妹が亡骸を抱き、主人の車に乗せて四人で帰って来ました。納棺式は親類が集まって行い、義理の姉や妹と綺麗にお化粧をしてあげて、一番似合っていた着物をかけて上げました。
神式なので10日祭の日、義姉達と形見分けをするので箪笥や押入れを整理したとき、亡くなった義父との結婚式の写真が隠してあったので、それを見てまたみんなで泣いてしまいました。
形見分けをして、いらない洋服や下着をゴミに出した夜、義母が夢に出てきて「ママはなんで私の洋服を捨てちゃうのよ!」と怒るので「だって姉さん達が捨ててもいいわよって言ったから!お母さんは死んじゃったのよ~~」と言ったら寂しそうに「そうか~~私は死んだのか?」と言って消えてしまい目が覚めてまた泣いてしまいました。。。合掌

その3  100歳まで生きるぞ!と豪語していた実家の父は80歳の誕生日のあと末期の肝臓がんで、あっけなく逝ってしまいました。早朝病院で息を引き取ったので弟の車に乗せ、私が亡骸を抱えて3人で生家に帰りました。口が少し開いていたので帰り道ずっ~と父の顎を押さえていました。
以前「死人の口が開いていたらカッコ悪いからなっ!俺のときはよろしく」と言われていたのを思い出したからです。おかげさまで家に着いたときはすっかり閉じていました。笑っているように口角も上げてやりました。葬儀屋さんがすぐに来てくれましたので「死に装束はどうしますか?」と聞かれ、一応会社の社長だったので、一番カッコいい似合う背広を着せてもらうことにしました。
私的にはいつも家にいるラフなステテコが本人も楽でいいんじゃないかと思いましたが・・・三途の川を渡るのにも軽くていいのにネ?
お色直しをしていただいた父は、お化粧もしてちょっと若くなっていました。その凛々しい姿に母は惚れ直したようです8人いる孫がそれぞれ棺おけにお別れの手紙を入れて送り出しました。合掌
スポンサーサイト
edit

<<初夏? | BLOG TOP | 蔵王温泉スキー場>>

comment

NO TITLE

  1. 2009/03/10(火) 12:53:55 
  2. URL 
  3. ミケ 
  4. [ 編集 ] 
ククク、キキちゃんたら黒いからとてもピンクがお似合いですね。

今まで「おくりびと」とは思わないでいたけど居るんですよね、おくりびとが・・・。家族としては送るほうも送られる方も同じに大変ですよね。がんばろうー。

NO TITLE

  1. 2009/03/12(木) 16:35:51 
  2. URL 
  3. キキママ 
  4. [ 編集 ] 
ミケさん 周りを山で囲まれている発光路集落・・・(T_T)スギ花粉が煙のように飛んでいるので毎日とても辛いです。。。
ココは山奥だから昔はお通夜も本葬も自宅でした.昔ながらの班の方々にお世話になり、お通夜のお料理から何から何まで手造りでした。そのための漆器のお膳も我が家にはありますが、もう使うことはきっと無いでしょうね~最近は市内の斎場で済ませちゃう家も多いです。世話無くて良いんですが、本来の「お通夜」の意味がなくなっているように感じます。死装束だって病院で亡くなると最後に看護婦さんが着せてくれるし、だんだん簡素化されちゃうんですね。

NO TITLE

  1. 2009/03/14(土) 17:29:53 
  2. URL 
  3. アラバァバ 
  4. [ 編集 ] 
ユミちゃん~!にバァバより心からのハッピーバースデイーを送ります!こちらのカリンは来月8日に29歳となります。まだ母にはなりませんそうです。故にバァバはヒーバァバにあらず~です。故にこちらも子供の服は編めないそうです。彼岸明けの週末に走ろうか?と思うバァバです。明日は晴れてクシュン~!の連発のキキママでしょうか?

NO TITLE

  1. 2009/03/15(日) 13:59:10 
  2. URL 
  3. キキママ 
  4. [ 編集 ] 
アラバァバさん 今日は発光路も春の日差し!でもまだ風が冷たいかな?ヒノキの花粉も飛び始め、憂鬱な毎日ですが甥達の大学合格の吉報が届き、キキ叔母は早くも♪サクラサク♪のポカポカ気分です!
エッ?カリンさんは29歳?!ビックリです(*_*)私も本物の婆になる日は、いつになることやら・・・トホホ・・・

NO TITLE

  1. 2009/03/15(日) 21:13:57 
  2. URL 
  3. アラバァバ 
  4. [ 編集 ] 
今日、芥川賞の母?(わかります?)から電話が入り、ログへ行きたいとのご希望あり~で今月末から来月始めにかけて二泊するつもりですが、その前に日帰りでもよいので行くつもりです。そして来月中頃にはバァバグループでお花見に二泊、スケジュールが上手く合えば長女も花の撮影にゆくとか?何だか忙しくなりそうです。明日はジジの受診とババの膝の注射で聖路加行きです。その後はお彼岸の仏事の準備です。

NO TITLE

  1. 2009/03/16(月) 20:01:30 
  2. URL 
  3. キキママ 
  4. [ 編集 ] 
『沖で待つ』絲山秋子さんのお母様ですね♪今回もご夫妻でお越しですか?お会いできます日を楽しみにしております。
今日は春の日差しがたっぷり♪エリアの雪割り草もアラバァバさんのクロッカスもそろそろかしら?だいぶ暖かくなりヒノキの花粉も飛び始めています。涙ポロポロです・・・
今月末お待ちしております。その前にログのてんとう虫の様子を見に行ってきますネ!多分ほうきで掃くほどいると思いますので・・・

NO TITLE

  1. 2009/03/17(火) 17:29:55 
  2. URL 
  3. アラバァバ 
  4. [ 編集 ] 
いつもいつもお世話様です。お忙しい時期ですから、どうぞご無理なきよう~!彼岸の墓参りも無事終りました。お中日が終われば~と思っています。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。